カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
コラム
COLUMN



振袖・長襦袢のたたみ方・保管方法を手順のイラストつきでご紹介します

成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。着る前はあんなに綺麗にしまってあったのに着終わったあとはぐちゃぐちゃ…なんてことにならないよう、綺麗な振袖のたたみ方や保管方法をお伝えします!

1)振袖のたたみ方


直線裁ちでつくる振袖・着物は四角に折りたたむことができます。縫い目に沿って正しくたたむことができたら、余分なシワもいかずに次回着用のときに綺麗に着ることができます。たたむときは、振袖に余分なホコリなどがつかないように着物敷きなどの大きい紙をひいてから、たたむとよいでしょう。 ①まず、振袖を置きます。 衿が左、裾が右になるように振袖を置き、脇の線に沿って下前(振袖を着た時に下にくる部分のこと)を重ねてください。

②振袖の下前を縫い目(おくみの線)に沿って手前に折り返します。衿は三角にして内側に折り返してください。
③上前(振袖を着た時に上にくるほうのこと)と衿を持ち、折り返した下前の上に重ねます。衿もぴったり合うように重ねてください。
④上前の脇縫いを持ち、下前の脇縫いに重ねます(簡単にいうと半分に折ってください)。袖も合うように重ねてください。
⑤左の袖(重ねてる上のほう)を袖付け線で折って上に折り返します。
⑥上身頃の裾を持って、肩山の方に折り返して重ねます(肩山から5㎝内側に控える)。
⑦右袖を袖付け線で折って身頃の中に入れてから、はみ出ている袖の残りを身頃に折り返してのせます。
これでたたむことができました。 たとうしにしまってください。

2)長襦袢のたたみ方


長襦袢は振袖と少したたみ方が違いますが、要領をつかんだら簡単です。 ポイントは右と左を内側に一旦折り返してから、また、半分ほど外側に折り返すイメージです。 ①衿が左、裾が右になるように長襦袢を置き、上前が上になるように重ねます。

②脇縫いを持って、脇縫いが身頃のちょうど中心にくるように内側に折ります。
③今、内側に折った下前の袖を外側に半分、折り返します。袖口は手前側の身頃の折り目より2cmほど内側になるはずです。
④上前も下前と同じ要領で脇縫いが身頃中央にくるように内側に折ってからまた半分を外側に折り返します。
⑤裾を崩れないように両手で持ちあげて衿のほうに折り返して半分の丈にします。衿は折らずに形を整えます。
これでたたむことができました。お疲れさまでした。たとうしにしまってください。

3)袋帯のたたみ方


①模様のあるほうを表にして、長さを半分に折ります。金、銀の箔や豪華な刺しゅうの部分には和紙を当てて保護します。 ②さらに半分に折ります。折り目に筒状に巻いた和紙をはさんでおくと、折じわが防げます。 ③もう1本筒状の和紙を中央に置いて、たれ先が上になるようにさらに二つ折りにします。

4)たたむ前にチェック!振袖に汚れはない?


たたむ前に一度確認してみてください。振袖にシミなどの汚れはついていませんか?時間がたつと汚れが定着し落とせなくなってしまい、次に着る際に着れなくなってしまう事もあります。 特によく汚れやすいのは ・衿 ・袖の一番下の部分(袖底) ・裾 の3箇所のなので、保管する前にこの部分は重点的に確認しましょう。詳しい染み抜きの方法はまた別記事で紹介します。輪ジミができたり、変色したりといった可能性もあるので十分に注意して、様子を見ながら処理してください。 ただ、シミ抜きは繊細な作業になるので、高いお着物に限らず着物用のクリーニングに出すことをおすすめします。

3)袋帯のたたみ方


①模様のあるほうを表にして、長さを半分に折ります。金、銀の箔や豪華な刺しゅうの部分には和紙を当てて保護します。 ②さらに半分に折ります。折り目に筒状に巻いた和紙をはさんでおくと、折じわが防げます。 ③もう1本筒状の和紙を中央に置いて、たれ先が上になるようにさらに二つ折りにします。

5)振袖や着物の保管方法


レンタルでしたらそのまま返却すれば大丈夫ですが、自分で購入したものである場合、定期的にお手入れをしてあげなければ振袖にもカビが生えてしまったり、色あせて使えなくなってしまうことがあります。そのため、正しい保管方法を知って振袖を長持ちさせてあげてください。

5-1)湿気のない、日陰で保管


振袖・着物を保管する場合、購入した時の箱のままで保管するのは避けて下さい。紙の箱は湿気を吸収し、その湿気は中の振袖に影響を及ぼしてしまいます。桐のタンスでの保管が理想ですが、桐の箱や通常のタンスでも構いません。たんすは上の段ほど湿気がたまりにくいため、良い着物は上の方の引きだしにしまうようにしてください。湿気をとってくれるグッズを近くに置いておくのもいいでしょう。変色する原因になってしまうことがあるので直接着物の上には載せないでくださいね。湿気から守ることを第一に考えてあげてください。

5-2)虫干し


先ほどもお話ししましたが振袖・着物には湿気が大敵です。収納場所にかかわらず、半年に一度は虫干しすることをおすすめします。 なお長期間しまっておくと、湿気が溜まってしまい、振袖・着物が痛みますので、時々風を通すことを重点において保管してくださいね。

まとめ


ここまで振袖のたたみ方や保管方法についてお話してきました。一生に一度の晴れ着として振袖はちゃんと綺麗なまま残しておきたいですよね。成人式だけでなく、自分の結婚式やお知り合いの結婚式、もしかしたら将来自分の子どものためにも綺麗なままで保管できるようにしておきましょう。

お支払い方法

クレジットカード決済、スコア後払い、コンビニ決済(先払い)からお選びいただけます。

※スコア後払いの場合、手数料はお客様負担となります。
※レンタル商品はクレジットカード決済及びコンビニ決済(先払い)のみとなります。



配送・送料

10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料!

お届け時間帯をご指定いただけます。   

※沖縄・離島への発送では時間指定ができません。


メニューを閉じる