カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
コラム
COLUMN

【振袖の着付けのポイント】当日の「困った!」をなくすために準備しよう

成人式や結婚式で振袖を着るという方は多いでしょう。しかし、自分で簡単に着ることができるドレスなどと違い、振袖は自分で着付けるのが難しい着物です。今回は振袖の着付けができない場合、どうすればいいのか、着付けをしてもらう場合に発生する費用、当日までの準備などについてお伝えしていきます。

1)素人に振袖を着付けてもらうのは難しい?

着物の着付けができる方は振袖の着付けも1人でできると思っているかもしれませんが、振袖はもともと着付けてもらう前提の着物のため、自分で着付けるのは難しいです。 理由として、ほかの着物や浴衣は生地が柔らかく一人でも扱いやすいですが、振袖は正装のため、生地が固いです。また、高級なものになってくると総刺繍だったりするため、更に固くなってきます。帯も硬く、幅の広いものを用意するためとても結びにくいです。 そのため、着物に慣れている方でも振袖はプロの方にお任せしたほうがよいでしょう。振袖は着るのにも時間がかかるので、約束に間に合わなくなるという不安は取り除いておきましょう。

2)プロに着付けを頼む場合

プロに振袖の着付けを頼む場合、ヘアセットと一緒に美容院でしてもらう場合や、振袖を購入したりレンタルした際にセットでついて来る場合が多いです。その際に気になるのは着付けの料金ですよね。 以下に簡単にまとめておきます。

2-1)美容室での振袖着付け

着付けのみですと5,000円~20,000円程度で済みますが、前後するのでお願いしようとしている美容室や着付けの方に先に見積もりをお願いしておく方がよいでしょう。手間としては着付けとヘアメイクセットでお願いしておいた方が、当日着付けが遅くなってしまって美容室の方に迷惑をかけることもありませんし、自分も移動しなくていいため楽です。 ヘアメイクも含めると少しお値段が安くなることもあるため、特殊な髪型にしてもらうとか好きな美容室とかでないなら振袖の着付けとヘアメイクセットのほうがおすすめです。

2-2)振袖着付け無料のレンタルプラン

最近では着付け無料のレンタルプランですべてまとめてくれているプランもあるので面倒だと思う方は一括でお願いするといいかもしれません。 その場合は当日までに細かい打ち合わせができないことが多いので自分の好きな髪形にしたいと思っていてもできなかったり、時間の関係上ちょっと待たされてしまったりすることもあるのでどちらがいいのかを考えて選択してくださいね。

4)前日の準備

振袖の着付けの当日、「あれもない」「これもない」とばたばたしないように事前に何が必要なのかをチェックしておきましょう。 下のチェックリストを確認しつつ、準備をしてみてください。稀に「振袖着付けセット」と書かれていても自分で準備しなければならない物などあったりするので準備は万全にしておきましょう。※目安のチェックリストですので必要なものに関しては着付けされるかたに直接ご確認ください。

  • 振袖
  • 袋帯
  • 長襦袢・半衿
  • 重ね衿
  • 帯締め
  • 帯揚
  • 髪飾り
  • 草履
  • バッグ
  • ショール
  • 肌着
  • 裾よけ
  • 衿芯
  • 前板
  • 後板
  • 帯枕
  • 三重ひも
  • 腰ひも6本
  • 着付けベルト(コーリンベルト)
  • 伊達締め2本
  • 補正用タオル
  • ガーゼ
  • (脱脂綿)
ちなみにタオルや脱脂綿は自分で用意することが多いので気を付けてください。胸が大きい人はタオルを詰め込まないと平らにならないので多めに準備していくのがベターです。 また、髪飾りや当日のアクセサリーも準備しておくほうがよいでしょう。

5)当日スムーズに着付けを行うために

スムーズに振袖着付けをしてもらうために当日の準備と気を付けておくことをお伝えします。

5-1)振袖を着付けてもらう時には服装にも気を配ろう

5-1-1)下着

下着に関して、ハイウエストの下着を穿くと、下帯や帯に下着が絡まりやすくなってしまうので、そのようなことを避けるために、できればローウエストの下着を穿いていくようにするといいでしょう。 ブラジャーは和装用のブラジャーをつけるのがよいです。しかし、あまり振袖や着物を着ないのであれば普通のブラジャーでもだめではありません。ただ、普段の洋服の時とは違い、胸の形を保つのではなく潰すように帯を巻いていくので金具などははいっていないものをおすすめします。

5-1-2)トップス

トップスは前開きのシャツのようなものを着ていくようにするといいでしょう。 なぜなら、美容室などでヘアメイクと着付けをしてもらう場合には、まずヘアメイクからするためです。綺麗にヘアセットをした最後に振袖の着付けをすることになるので、前開きのものでないと、脱ぐ時に髪型やメイクが崩れてしまう可能性があります。

5-1-3)髪の毛

ヘアメイクも一緒にしてもらう場合には、髪にはスタイリング剤をつけずに行くことが重要です。あとで整えてもらう際に取ったりしなければならないので無駄な手間を増やしてしまうことになります。ただ、ヘアメイクさんから「当日は自分で巻いてきてくださいね」など言われたら準備していきましょう。

5-1-4)メイク

こちらもヘアメイクと同様です。メイクノリが悪くなる場合が多いのでノーメイクで行ってください。ただ、ベースメイクだけしてきてくださいと言われることもあるので事前に確認しておいてください。

6)振袖を着付けしてもらうときの注意点

着付けをしてもらうときの注意点として「脱いだものの管理」があります。 ほとんどのお店では盗難防止のために振袖を着付けてもらった後、自分の服や靴は「着付け直後に持ち帰る」ということが原則になっています。 基本的には着付けてもらって美容室を出る時に、着てきた衣服を持ち帰ることになるでしょう。持ち帰るということを前提にして、紙袋やビニール袋など衣服や靴を入れられるものを持っていく必要があります。また、そのまま会場に行きたいという場合には荷物になってしまうため、親御さんや家族、友人に渡せる状態にしておいたり、近くのロッカーを確保しておくなどが必要になるでしょう。 靴なども持ち歩くことをかんがみて軽い服装にしておくことをおすすめします。

7)着付けをスムーズにして振袖を楽しんで!

着付けをしてもらうときの注意点として「脱いだものの管理」があります。 ほとんどのお店では盗難防止のために振袖を着付けてもらった後、自分の服や靴は「着付け直後に持ち帰る」ということが原則になっています。 準備が大変な振袖ではありますが、大切な成人式や結婚式など大事な場面で華を添えてくれる素敵な着物です。当日に何の気兼ねなく楽しめるように、準備を万全にして振袖当日を迎えてくださいね。 この記事が参考になれば幸いです。

お支払い方法

クレジットカード決済、スコア後払い、コンビニ決済(先払い)からお選びいただけます。

※スコア後払いの場合、手数料はお客様負担となります。
※レンタル商品はクレジットカード決済及びコンビニ決済(先払い)のみとなります。



配送・送料

10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料!

お届け時間帯をご指定いただけます。   

※沖縄・離島への発送では時間指定ができません。


メニューを閉じる